子育てをするときによくある悩みとは?

子育てにおけるコーチング活用法

コーチングというキーワードを耳にされたことはあるでしょうか。
今話題のコーチングは、良くビジネスの現場で活用されています。
ところが最近では、日常生活でも実践されていて、特に子育ての現場で上手に活用されています。
核家族化が進み、だれに相談したらいいかわからないというご両親にこそ、利用してほしいのがコーチングです。
これを活用することで、迷いがちだった子育てについて自信をもって取り組めます。
子供が成長する以上に、親も一緒に成長することができるのが魅力です。
特に、コミュニケーションについて悩んでいたら、是非とも活用したらいかがでしょう。
セミナーや雑誌、単行本など、いろんな分野で、知ることができます。
詳しく知りたいと思ったら、いくらでも情報を収集できます。
特に、思春期の子育てで悩んでいるご家庭が多いですが、もっと幼い時、乳幼児期から活用すると、もっと、密接に子供に接することができます。
もっと早く知っておけばよかったと思われるご家庭も多いようです。

コーチングの知識をもっての子育て

子育ては、一筋縄ではいかず、ついつい叱ることが増えます。
そんな子育てを少しでも、肩の力を抜いてできるようにする方法。
それは、コーチングです。
簡単に言えば、こども達のコーチになるのですが、スポーツのコーチのように、子どもの良い所を認めて、それを伸ばす方向へ持っていくのです。
それから、子どもの話に耳をいつも以上に傾けて、彼らを認めてあげるのです。
最後は、じゃあ、◯◯するには、どうすると良いのか?この答えを、子ども自身に考えてもらうのです。
コーチングとは、心理カウンセリングにも似ているのかも、しれませんね。
また、子どもにコーチングをする前に、親自身もどんな子育ての理念があるのかを、自分に問いかけ、答えを出して、心をほぐしてからのほうが、コーチングを使った子育てがやりやすいでしょう。
難しく考えてしまうなら、専門団体のホームページを開いてみるのも、一つの手です。
また、大型書店に行けば、関係する本も多数置いてあります。
ほんの少し、それを覗いて見ることから、一歩を始めましょう。

Valuable information

Last update:2017/9/14

copyright(c) 2015 「子育てガイド」 all rights reserved.